男子の中学受験について

| トラックバック(0)
中学受験に向けての塾通いや体制を整えるのは、4年生から始める家庭が多いです。
そこから3年間、中学受験に向けて親と子の二人三脚の道のりがあります。
時には励まし、時には怒り、時には褒めるの繰り返しの毎日です。
最後に最高の笑顔で終われるように親子で頑張るのです。
受験生と言ってもやはり小学生です。
特に男子は第二次成長期に入ってない子が多いです。

そのため頭の中はまだ幼い子が多く、親の言う事を素直に聞ける反面、自分から進んで中学受験の学習計画や自分のやるべきことを判断しこなしていける力がある子は、女子に比べて少ないです。

その男子をやる気にさせていくには、行きたい学校を定めるのが一番です。
文化祭や説明会などに連れていき、その学校の良さ、楽しさ、部活風景などを見せると自分が行きたい学校が明確になり、そうしてその頃から受験に対する気持ちも変わってきます。
男子が伸びるのは後半と言われるのはこのような理由からです。

気持ちが入るとやはりそこは競争心が芽生え成績もぐんぐん上がっていくのです。
いかに、やる気にさせるかがポイントです。
気になる中学受験 家庭教師についてはこちらで書いています。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、shira02が2013年12月 5日 14:54に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「無添加化粧品の定義ってどんなものなの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31