趣味の最近のブログ記事

暖かくなってきて、春らしい格好をして出かけたいと思う人が多くいます。服選びの時に、どうやって季節感を出せるのか困ってしまいます。今回は、ファッションに季節感を出すための豆知識を、紹介したいと思います。

春のファッションにおいて、大切なのは「軽さ」です。寒いので何枚も着込み、コートを羽織らないといけなかった冬の季節から、暖かい春に移り変わります。季節が変わったのに、同じ格好ではいけません。春の陽気な雰囲気合う、軽い服装を心がけます。

春らしい色は、ベージュ、オレンジ、黄色、ライトブルー、ライトグリーンなど、明るめの色です。軽く明るい季節に、最適です。

ファッションに季節感を出すには、素材選びは重要です。暖かい春には、通気性の良いオックスフォード生地のシャツを選ぶと良いです。綿の素材を中心に選び、一点季節感の強い素材を入れると、季節感のある、おしゃれな格好になります。

春の定番アイテムは、テーラードジャケットや、パーカー、カーディガンがおすすめです。どれも、生地が厚すぎないので、気候に合わせやすいです。

次は、夏のファッションについて、紹介します。夏のファッションで、大切なのは「涼しさ」です。見ている人が、涼しくなるような颯爽とした服装を選びます。

夏は、水を連想させるブルーや、清潔な印象を与える白の服がおすすめです。例えば、白のジーンズに、通気性の良い麻の素材の青いシャツに、挿し色として、オレンジのスカーフを巻くといいです。

靴は、夏らしいサンダルを選ぶと良いです。レザーの素材を使ったサンダルにすると、足下がぐっと、引き締まります。色は、どの服にも合いやすい黒や、茶色を選びます。

夏の定番アイテムのTシャツは、着回しがきくので、夏に必ず揃えておきたいアイテムです。

以上、春夏のファッションに季節感を出すための豆知識を紹介しました。服選びの際、今回紹介させていただいた情報を参考にしていただければ幸いです。

クオール・Quol

昔も今もイタリアを代表する美人のソフィア・ローレンが女優の卵の時代、お金が無くて何時も同じ服を着ていました。
ドレスなんかに負けたくないわと何時も黒のドレス、シンプルなのが良いのと、シャープでで素を生かした着こなし。

私もソフィア・ローレンを真似して、チープシィクの基礎化粧をしています。驚く無かれ大変素敵に成ります。
化粧落としは市販のものですが、温かいお湯で顔を洗い、洗顔クリーム無し。ハンドメイドのローズウオーターに蜂蜜を加えたスキンローションで肌を整え、アラブの奇跡のアーガンオイルをたっぷり塗り、寝るだけ。

朝は洗顔クリーム無し、お水だけ。
ロースウォーターをスプレイし、日焼け止め30を塗ります。
その上で眉やアイライン、頬紅、ハイライト、リップグロスで出来上がり。

肌が透明感を持ち、毛穴も見えませんし、肌のトラブルは全くと言えるほど無く成りました。

合成した化粧品より、自然にある物が良いのかも・・・

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち趣味カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは生活です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31